FireAlpacaでトレースしてみた

YoutubeでWordpressの動画を見ていたらいつの間にかillustratorの講座に切り替わっていて、トレースというものをやっていました。

アプリの画像もアイコンも今まで手書きで書いていたのガタガタの線で悲惨な状況下でアプリ開発をしていました。動けばOKから見た目もきにするデザイン初級者プログラマーにレベルアップする時が来ました。

参考にした動画

イラレないしお金もない…

やる気はあったのですが、デザインに今まで無頓着だった私がilustlatorなんて持ってるはずもなく、契約しようにも高くて無理だし…

そんなこんなでうじうじ迷っていたわけですが、無料で最強のツールが私のパソコンにすでにダウンロードされていましたFireaplaca です。いつも落書きに使ってるFireAlpacaですが調べてみたところベジエ曲線が使えるっぽかったのでやってみることにしました。

トレース

今回トレースの題材に使わせていただいたのはアマツバメ(Swift)の写真です。
このイラストをトレースしてSwiftのロゴを目指しました!


結果

一部曲線がガタガタしてしまっていますが、初めてにしてはなかなかの出来なんじゃないでしょうか、結構満足してます。15分くらいで作れました
今後のアプリ開発する際、特にアイコンとか作るときはトレース使ってかっこいいアイコン作りたいと思います

ファイアアルパカでも意外となんとかなる!

前の記事

UISwitchでライフゲーム

次の記事