ShazamKitでerrorが帰ってくるゾ

はじめに

WWDC2021でShazamKitが発表されました、ShazamはAppleが2018年に買収した音楽認識アプリです。

こちらのAPIを使うことで音楽を流しているとパターンを検出してアーティスト名、タイトル、アルバムの画像?のURLを返してくれます

ハマったError

以下のようなエラーが出てハマっていました。

Optional(Error Domain=com.apple.ShazamKit Code=202 “Please check that you have enabled the ShazamKit App Service for this app identifier” UserInfo={NSDebugDescription=Please check that you have enabled the ShazamKit App Service for this app identifier})

WWDCの直後ということもあり記事も全然なくよくわからなかったのですが、ShazamKitのAPIを試すにはAppleDevelopperにログインをしてIdentifierを登録する必要があるようです。

その際以下の画像の部分にチェックを入れたところ上記のエラーが解決しました。

曲がない時のエラー

日本の曲でちょっとマイナーな曲だと以下のように曲が見つからないエラーが帰ってきました。

ライブラリの中で今後どんどん検知できる曲が増えると思うのでこの辺りは今後に期待ですね。

SHSignatureBuffer received invalid signature duration error

前の記事

ARKitでEyeTrackingを試してみた